いろいろなクリニックを調べてみる

めがねやコンタクトレンズのわずらわしさから解放されるとして、レーシック手術が話題をよんでいます。レーシックは外科手術のひとつで、角膜にレーザーを照射して厚さを変えて屈曲率を調節することで視力の矯正をするものです。

手術は短時間で済み、その日のうちに帰宅できます。しかし、手術である以上はリスクが伴います。レーシック手術のリスクといえば主に合併症で、光がぼやけて見える現象や涙の量が減ってしまうドライアイなどがあります。ぼやけて見えたりドライアイは多くの人が体験しますが、一過性のもので時間の経過とともに改善するのが普通です。

しかし、まれには手術の際の細菌感染により重篤な合併症が発現してしまうことがあります。でもレーシック手術には大きなメリットもありますので、メリットが最大限リスクは最小の施術を受けられるクリニックを選ぶのが最大のポイントになります。

レーシックを行っているクリニックはたくさんありますが、検査方法やレーシック手術の年間実績、合併症の発症率、医師の経験数、アフターケアや保障について、いろいろなクリニックを調べてみることがとても大切です。