衛生管理が行きわたっている

視力が矯正され、めがねやコンタクトレンズから解放されるレーシック手術が注目されています。

レーシックは角膜にレーザーをあてて厚みを変える外科手術です。入院の必要はないのですが、手術ですから徹底した衛生管理の元に行われるのが絶対条件です。

レーシックを受けると多くの人が一過性の合併症を経験します。よくある主な合併症は光を見ると回りがにじむハロ・グレア現象と、涙が減って眼球がかわきがちになるドライアイです。これらの症状は、意思の指示通りに定期健診を受けて点眼などの処置を受けていれば時間の経過に伴って消失するのが普通です。

しかし重篤な合併症が起こってしまうこともまれにはあり、代表的なものに角膜感染症があります。角膜感染症はレーシック手術の時の衛生管理が徹底していれば起こり得ないもので、角膜の中に細菌が侵入して繁殖することで起こります。

レーシックで感染症のリスクを抑えるためにはクリニック選びがとても重要です。手術室内の空調管理は不純物や細菌を取り除き無菌状態に近づけるためのものです。また器具は使い捨てかどうか、滅菌・消毒にはどのような方法をとっているかなどをしっかりとチェックしておきたいものです。