レーシックについて

レーシックの概要

レーシックは日本では新しい治療法ですが、海外では歴史と実績が確立された手術です。日本では10余年前の2000年に安全性が確認されて認可され、芸能人やスポーツ選手などの職業の人がレーシックを受けたことでめがねやコンタクトレンズなしの裸眼で生活できるようになった体験などを報告していることからも注目を集めています。

レーシックは外科的手術のひとつで、角膜の中央部分を削って厚みを変えます。こうすることで角膜の屈曲率が変わるので視力が矯正できます。

角膜を削ると言っても、レーシックではエキシマ・レーザーというレーザーを照射する方法です。レーシックは安全な手術で、その理由は使われるレーザーにあります。

レーシックで用いるエキシマ・レーザーは特殊な高エネルギーレーザーで、組織に傷を起こすことなく正確な切開や切除ができるという特徴を持っています。このレーザーで角膜をフタ状に切り取り、その後厚みを変えてから切り取った角膜を戻します。

エキシマ・レーザーの精度は高く、ずれることなく角膜を戻すことができるので衛生管理にさえ問題がなければ重篤な合併症などは起こり得ない手術です。

レーシックのメリットデメリット

子供の頃のような視力に戻りたいと願う人が増えて、近年レーシックの手術を受ける人が増えています。レーシックには、当然ですがメリットとデメリットがあります。一番のメリットは、コンタクトやメガネを使うわずらわしさから解放される事です。コンタクトやメガネを使っている事で、今まで出来なかった事もレーシックによって出来るようになります。

その他に、視力が回復した事で今まで悩まされていた眼精疲労からも解放されます。他にも多くのメリットがありますが、その反対にレーシックをする事でデメリットもあります。

それは、レーシックは角膜を削って視力回復をはかりますが医師の技量によってその後の経過が左右される事があります。その他に、レーシックの手術を受けても近視が残る場合があります。これは、角膜の削り過ぎると遠視になる恐れがあるんで控えめに手術をする為場合によっては少し近視が残る場合があります。

レーシックを行う際は、まず安心して手術を行える病院を探してから行う事でデメリットは防げるはずです。

レーシックが受けられる場所

レーシックとは、角膜屈折矯正手術という視力回復を目的とした手術である。レーシック手術により、煩わしいメガネやコンタクトに頼ることがなくなるので、近年大変人気になってきた矯正方法です。

レーシック手術は医療行為なので、当然眼科医が担当することになりますが、受けられる場所としては大学病院等の総合病院や、一般眼科、レーシック専門のクリニックなど様々です。また、レーシックは保険適用外の自由診療なので、各病院によって値段設定も様々です。

安いからといってリスクが多いとは限らないが、やはりある程度の料金設定を提示している病院のほうが無難である。現状では、レーシック手術者の殆どがレーシック専門のクリニックで手術を受けており、症例数が圧倒的に多く、値段設定も安価なところが多いのがメリットですが、目の疾患に対する診察は行っていないません。

そのほかのレーシック手術を受けられる眼科は、レーシック以外にもし眼の疾患があった場合に診察をしてもらえるのがメリットですが、症例数はあまり多くありません。

レーシッククリニックとは

視力は人間が生活していくうえで一番利用している能力の一つであり、周囲の状況を目で見て確かめることがあらゆる行動のきっかけになっているわけです。ところが現代生活ではストレスや身体的要因などさまざま理由で視力が低下してしまうことがあり、裸眼のまま視力を向上するための手術が角膜の厚さを切除によって調節するレーシック手術となります。

その手術を行なってくれるクリニックがレーシッククリニックであり、国内および海外で実績を積んだ眼科医と最先端の手術用機械がサポートしてくれるところが多く、とても心強いです。

レーシッククリニックで惹かれる点としては、手術後の視力向上確率が飛躍的に高いことを実績で示してくれるところと、術後のアフターケアが万全で細かい要望にも応えてくれる設備を整えているところが挙げられます。

今では大都市圏を中心にレーシッククリニックが開設されていて、それだけ現代生活で近視に悩んでいる人が手術後の明るくよく見える視野を希望して、惹かれる設備に期待して来院することが多いです。